リジカラ装着!★NZE181 オーリス★ リアのみ!!

本日はリジカラのネタです!
先日に続いてリアのみ装着の連チャンです。
クルマは・・・



NZE181 オーリス!




d0156040_1813954.jpg


この型のオーリスへの装着は3台目になります。
でも以前の2台はリアもサブフレーム構造だったんです。
ところがこのクルマはトーションビームなんですよね。
グレードによってサブフレームとトーションビームが混在してるんです。
他の車種でもたまに見かけますね。


で、このお客さんは・・・



d0156040_1816378.jpg


うどん県(笑 からのご来店でした!
県外からわざわざのご来店ありがとうございます。
本当にリジカラは県外からの方が多いんですよね。
わざわざ来ていただけるのはありがたいことです。




d0156040_1818391.jpg



リアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
赤矢印 の部分ですね。




d0156040_18193920.jpg


このクルマにはインナーカバーが付いていました。
ただフルカバーされているわけでは無いので、
すこしめくってやるだけで作業は出来ましたけどね。




d0156040_18212778.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見える白っぽい部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。




d0156040_1822550.jpg


リア用のリジカラです!

お馴染みの形状ですね。
なんせ ZVW30プリウス と共通なもんですから、
ウチでは特にお馴染みですよね~!(笑

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマります。
最近増えてきた2段タイプではありません。
ボルトにはワッシャが付いてませんでしたので外径は小さめです。
装着部のボディー鉄板の凹凸との干渉も考慮してあるんだと思います。




d0156040_18244674.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることで、ボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強をすることでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり、締結強度がアップします。




d0156040_18251719.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
作業時に同時施工する場合は、お得なオプション価格でやってます。

もちろんいつものように 1G締め をやってますよ!
このタイプではもうお馴染みの作業となってます。

トーションビームはリフトアップしている時にブッシュが後向きに回転した状態なんです。
この状態で本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。

これを 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことなんですが大事なポイントなんです。

リアのみですのでこれで作業完了です!
この度はお買上げありがとうございました。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-01-29 18:32 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★アクセラ★RX-8★S15シルビア★3台まとめて!!

大坂なおみ選手、全豪オープン優勝おめでとうございます!
世界ランキングもアジア人初の1位ですもんね。
いや~、凄いことですね~!
ってテニスにあまり詳しく無い私には実感が沸きませんが。(笑

そりゃあ伊達公子さんや杉山愛さんぐらいは知ってますよ。
海外でもナブラチロワやグラフ・シャラポワ・ウイリアムズ姉妹あたりもね。
でもそんなにテニスの試合を本気で観たことはありませんでした。
テニスに詳しいオジサンたちが興奮しているようです。(笑
「私が若い頃には想像も出来なかった・・・」って。

私が実感の沸きそうなものに置き換えると何だろう?
フィギュアは男女とも世界ランク1位は過去に何人かいたし、
世界選手権・GPファイナル・五輪の優勝も実績あるからな~。
ペアとかアイスダンスで優勝することぐらいかな?

それともF1で日本人がシリーズチャンピオンになるぐらいの偉業ですかね?
だとしたら凄いことだと実感!(笑
なんせ1回の優勝すら無いし、3位が過去3人だけって戦績ですから、
昔のテニス界に通ずるものがあるかもしれない。

今後もなおみちゃんの活躍を祈ってます。
インタビューとかはチャーミングなんで、人気が出るのは必然かな?!



さて本日は進化剤のネタを3台まとめてご紹介!
まず1台目のクルマは・・・



BM2FS アクセラ!




d0156040_1243145.jpg


エンジンに 3回目 の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチパチパチ~~~~!!!!!!

複数回目の施工でも効果が体感出来るのが進化剤の凄いところなんです。
なのでヤミツキになる中毒患者さんが増えていくわけです。(笑


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑


2台目のクルマは・・・



RX-8!





d0156040_12474430.jpg


エンジンに初めての施工となりました!
まあ、初来店のお客さんでしたので当然なんですがね。(笑
以前より気になっていたそうなんです。
そこで今回の施工となりました。




d0156040_12494286.jpg


MTにも初めての施工となりました!

進化剤をMTに施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
シフトフィーリングが良くなって運転が楽しくなりますよ!
もちろんギアやベアリングの保護効果もバッチリですしね!!


で、このお客さんは・・・


d0156040_1253970.jpg


大宮 からのご来店・・・ では無く うどん県 からのご来店!
どっちにしても県外からですが・・・
わざわざのご来店ありがとうございます。
地元は埼玉なんですが、仕事の関係で転勤して来られたそうです。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑



本日ラストのクルマは・・・



S15 シルビア!




d0156040_130499.jpg


エンジンに 7回目 の施工となりました!
もうすっかり中毒患者さんですね。(笑
相変わらずキレイな状態を維持されていますね~。
ここまで程度の良い個体は最近では中々お目にかかれません。

で、そのキレイさを維持するための作業も・・・
ヘッドライトの周りをマスキングしてあるのがわかりますかね?

そうです、 レンズリフレッシュ をやりました!



d0156040_1383765.jpg


作業前のヘッドライトです。
全体的に黄ばんでますよね~。
このクルマは定期的にレンズリフレッシュ作業をやっているので、
黄ばみ具合もこの程度で収まっているんです。
一度もやってなかったら、こんなもんじゃありませんから・・・(笑



d0156040_13111835.jpg


レンズ表面の黄ばみはキレイに落ちました。
ただレンズ内部が白っぽく曇ってきてますね~。
年式が年式なんで、ある程度仕方が無い部分ではありますが・・・


今後も長く乗り続けるためにもメンテナンスは必須です!
定期的に進化剤を施工することでエンジンのコンディションが維持できますよ!!


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-01-27 13:20 | 進化剤 | Comments(2)

リジカラ装着!★N-WGNカスタム★ リアのみ!!

今年は暖冬傾向でしたので、最近の冷え込みに体が付いて行かない。(笑
でも、これでも平年よりは暖かいんですかね~?
いくら冷え込んでも県南に雪の降る気配はありませんが・・・



さて本日はリジカラのネタです!
クルマは・・・



JH1 N-WGNカスタム!





d0156040_1220375.jpg


今回はリアのみの装着となります!





d0156040_12222214.jpg


リアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
赤矢印 の部分ですね。




d0156040_1223965.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見える白っぽい部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。




d0156040_12241974.jpg



こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!
センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマには付いていませんが、
大きめのワッシャが付いている車種に対応するため外周は大径になっています。
Nシリーズやフィットなど数車種で共用しているからなんです。

ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。



d0156040_12284310.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_12292026.jpg


1G締め で本締めします!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

今回はミスリル施工はしていません。

この度はお買上げありがとうございました。


トーションビームへのリジカラ装着はとってもリーズナブルなんです!
2ピースだけですので商品代金も安いですし、
あまり時間が掛からないので工賃もサブフレームタイプより低価格。
調整機能が無いのでアライメントも必要ありませんからね。

とりあえずリジカラ効果を試してみたい!って片にはピッタリです!!
まあ、フロントほどの劇的な効果は感じられないかもしれませんが・・・?
お気軽にご相談ください。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-01-26 12:38 | リジカラ | Comments(0)

足廻りリフレッシュ!★ウィッシュ★トーションビームブッシュも交換!!

いや~、すっかり更新をサボってました。
ネタがたっぷり溜まっているというのに、イカン、イカン・・・


本日は足廻りのリフレッシュ作業のご紹介です!
クルマは・・・



ZNE10 ウィッシュ!




d0156040_18435298.jpg


私の通勤鈍足号です!
先日20万kmに到達したベテラン車ですね。(笑
じつは今回の作業はけっこう前にやった作業で、当分の間眠ってたネタなんです。
なので作業時には20万kmにはなってなかったんですがね。


事の発端はオイル交換の作業時でした。



d0156040_18474083.jpg


ドラシャのブーツが破れてるのを発見!(涙
ってことはドラシャを外す作業が必須になりますから、ついでに・・・




d0156040_18493228.jpg


足廻りをフル交換することにしました。
この写真はフロント用の部品たちです。

またまたじつは、これらの部品は以前から段取りしてあったんです。
でもね、中々自分のクルマの作業となると腰が重いんですよね~。
そのうち、そのうち・・・って数ヶ月が過ぎ去っていきます。(笑
ドラシャブーツの破れは待った無しですから、一緒にやることにしました。

ショックは KYB NewSR! 
この時点で10万kmを大幅に超えてましたんで、
かなりヌケヌケの状態になってますからね。

今回は経年劣化が疑われる部品をフル交換しました!
アッパーマウントやダストブーツ・スタビリンク・スタビブッシュも交換です。
ロアアームのブッシュも劣化してるでしょうし、ボールジョイントもね。




d0156040_18583357.jpg


ショックにはミスリルをヌリヌリ!
もうミスリル無しでは生きていけないカラダになってます・・・(笑





d0156040_18595673.jpg


スプリングは消耗品ではありませんので再使用しました!
昔のダウンサスとかはすぐにヘタってましたが、
純正のスプリングは10万km程度では全然問題ありませんからね。
まあ、最近のダウンサスも大手メーカー品なら丈夫ですが・・・




d0156040_1925013.jpg


ロアアームのブッシュは切れたりはしていませんでしたが、
ヒビやクラックはそれなりにありましたね。
インナーカラーの端面は形状変更されていました。
ギザギザ有りから無しになってます。
どのような効果が望めるのかはわかりませんが・・・?
それとも、ただ単にコストダウン??(笑




d0156040_195991.jpg


フロントのハブベアリングも交換しました!
でも、ナックルの新品もありますね~?
通常ハブベアリングの交換ではナックルは再使用するんですが・・・



d0156040_1964893.jpg


じつは以前に右フロントからコトコト音がしていたんです。
調べてみるとナックルとボールジョイントの接合部にガタがありました。
ナットは緩んでいなかったので、磨耗でガタが出たんでしょうかね?
とりあえずワッシャを叩き込んでガタを無くしておきました。
右側だけナットの下側にワッシャがあるのがわかりますかね? (緑矢印) 


ガタが出ているってことはボールジョイントもナックルも磨耗しているってことですから、
両方新品に交換することになったんです。




d0156040_19141355.jpg


ナックルにハブベアリングを圧入します。




d0156040_19144947.jpg


当店ではハブベアリング交換時にはハブも新品に交換します。
ハブ自体が磨耗してガタが出ていることもありますんでね。
今回はハブにミスリルを塗ってみました。
効果のほどは・・・わかりませんでした。(笑
一度にアレコレやっちゃいましたからね。




d0156040_19183167.jpg


ドライブシャフトはリビルト品に交換!
左右とも交換しました。
破れていたのは片側だけだったのですが、反対側も怪しかったので・・・
後日にまた反対側を交換となると面倒くさいですもんね。



d0156040_19233085.jpg


フロント廻りの交換作業の完了です!
やはり新品部品は気持ち良いですね~!!




d0156040_19244428.jpg


もちろんリアも交換しました!
こちらもショックだけでなく、マウントやダストブーツもね。
やはりミスリル施工も欠かせませんね。(笑



d0156040_1926678.jpg


リアもスプリングは再使用!



d0156040_19263848.jpg


トーションビームのブッシュも交換しました!
こちらも表面にはクラックがありましたね。
まあ、走行距離を考慮すれば当然でしょうけど・・・




d0156040_1929272.jpg


ブッシュの圧入完了です!
って、トーションビームのブッシュ交換はすごく大変なんです。
ブッシュを抜くのにかなり苦労しますし、入れるのも・・・
それ以前にトーションビーム自体がデカイんで、
外しての取り回しもけっこう大変!

ブッシュ自体は高価ではありませんが、工賃は覚悟してください!(笑
なんせ一筋縄では行きませんので・・・



d0156040_19333149.jpg


リアも交換完了です!

やはり足廻りをリフレッシュすると走りがシャキっとしますね。
特に高速走行はかなり安定感が増しました。
ちょうどこの作業をした時期は高速を一区間だけよく使ってたんです。
フワフワした安定感の無さに恐怖すら感じてました。(笑
まあ、そのせいで足廻りをリフレッシュしようと思ったんですけどね。

愛車に長く乗ろうと思ってる方にはオススメの作業ですよ!
私のウィッシュもこれで30万kmを目指せますかね?(笑

次はエンジンマウントかな~?
マウントも新品に交換するとかなり変わりますからね~!!

メンテナンスのご相談もお気軽にどうぞ!








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-01-22 20:01 | メンテナンス&修理 | Comments(2)

リジカラ装着!★ZC33S スイフトスポーツ★ ダウンサスも!!

年越しで持ち越しちゃってるネタがまだまだ有りまして・・・
ドンドン更新していかないといけませんね。


本日はリジカラのネタです。

クルマは・・・



ZC33S スイフトスポーツ!





d0156040_1615255.jpg


ZC33Sへの装着は2台目になりますね!
スイフトスポーツの新旧モデルを合わせると10台目です。
車名別台数ではフィット・デミオと並んで2番目の多さとなりました。
やはりスポーティーなクルマだけあって、
オーナーさんたちの関心も高いんでしょうね~。




d0156040_16202842.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
このクラスのクルマでは国際的にスタンダードな構造になってます。




d0156040_16211421.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
サブフレーム後方部にはガセットプレート風の補強板が、
共締めではなく溶接されて一体化しています。





d0156040_16233494.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが各々2種類・4ピースずつの構成です。
リジカラ3 は突起がけっこう短めです。(涙
下向きの突起は長めにしてもらったほうがありがたいんですがね~。




d0156040_1625956.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
こちらの突起が上側よりもかなり長くなっています。
できれば上側の下向き突起を長くしてくれたほうが・・・ってしつこい?(笑
まあ、これぐらいの長さであれば、苦労するというほどではありませんけど。




d0156040_16275661.jpg


いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになってましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。





d0156040_1630452.jpg


続いて B部 の図解です!

ここはロアアームが共締めになっている構造です。
最近のFF車ではこの構造の車種もけっこう増えてきましたね。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う、一番オーソドックスなパターンです。
ただ、上側の突起が短いので苦労させられそうです。(笑





d0156040_16323994.jpg


上側の装着中の写真です!

突起の短いタイプは狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームが密着する寸前で、上げるのを一旦止めます。
上下の突起がちゃんと穴にハマっているのかを確認してやる必要があるんです。
もし穴からズレたまま締めちゃうと突起がツブれてしまうんです。

ご覧のようなスペースなんで作業はやりにくいんですよね~。
なので下向き突起は長いほうが作業者はありがたいんです。(笑




d0156040_16343095.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。

ここはロアアームが共締めでしたので、この状態で本締めはしません。
1G締め が必要になりますので、とりあえずこの段階では仮締めしておきます。




d0156040_1635539.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
赤矢印 の部分ですね。




d0156040_16372952.jpg


このクルマは装着部がカバーで隠れています。
カバーを一旦外してリジカラを装着して、
1G締め をした後に再度リフトアップしてカバーを戻します。




d0156040_16382196.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見えるシルバーの部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。
他のクルマと比べてもスキマが大きめのように思います。




d0156040_164188.jpg


またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが大きかったので、突起もゴツめになってますね。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマのように大きめのワッシャが付いている車種に対応するため
外周は大径になっていますが、ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。




d0156040_16424641.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_16432732.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

本締め後は再度リフトアップしてカバーを戻します。




d0156040_1644174.jpg


フロントの B部 も 1G締め をしましたよ!
ロアアームが共締めですので、ブッシュにヨジレが出ちゃいますから・・・

本締め後はやはりボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
一体化されている補強フレーム部分にもオマケで塗ってあります。


今回はダウンサスの装着も同時に実施しました!



d0156040_16453284.jpg


TEIN HIGH.TECH! 

強度の高い材質を使用してヘタリの無いダウンサスです。
しかも軽量化とストロークアップも実現していますので、
乗り心地や操縦性・走行安定性もGOOD!

さらにリーズナブルなんで言うこと無し!!



d0156040_16515245.jpg


こちらはリアです!
線間密着による異音対策もバッチリですね。




d0156040_16534987.jpg


エエ~カンジの車高になりました!(笑
あまり低すぎると使い勝手が悪くなりますからね。
もちろん最低地上高もクリアしてますから、車検も問題無し!!

リジカラとダウンサスは同時進行で作業しましたので、
車高が落ちた状態で 1G締め をしています。
じゃないと意味がありませんからね。

最後にアライメント調整をして完了です。


この度はお買上げありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-01-11 17:00 | リジカラ | Comments(0)